ドメインをよく知っておこう

ドメインをよく知っておこうと勉強する女性

独自ドメインと無料ドメインの違い

インターネットのドメインとは、インターネット上の住所に相当するものです。土地と同じように、必ず所有者が存在します。このうち、独自ドメインとは自分の名義で所有権を得たもののことです。これに対して無料のものは、プロバイダ企業などが所有するドメインの中から、一部分の領域を借りているものです。どちらもWebサイトのURLやメールアドレスに使用されます。
独自ドメインは自分に所有権があるため、更新手続きさえ続ければ半永久的に同じものを使用できます。個人や会社の名前、あるいはサービスや商品の名前で所有できるので、ブランドネームの浸透などを図ることができます。唯一無二のもののため、自分が所有する限り他者が同じものを使用することは出来ません。また、サイトだけでなくメールアドレスにも利用することが出来ます。サイトやメールアドレスに一貫した独自ドメインを使用することで、ユーザーや顧客に対して安心感を提供することが出来ます。取得と更新には費用がかかります。また、更新手続きを忘れると所有権が他人に渡ってしまうケースもあるので、管理や手続きには注意が必要です。
無料ドメインは、一度使用を開始したら、そのサービスを提供しているプロバイダ企業などの変更が無い限り、更新手続きなどの必要がなく、ずっと無料で使用できますので、気軽さという点では便利です。その代わり、自分の会社や商品のブランドネームに合わせたドメインを使用することは出来ないので、ビジネスなどでの利用には限界があると考えてよいでしょう。
インターネットの利用は今後ますます増えることが予想され、これに伴い、独自ドメインを取得する人の数も、今後益々増え続けていくと予想されます。